サイディングプレカットとは Siding Precut

 20世紀、私たちは豊かな暮らしを実現しました。
しかしその一方で、地球上の限りある資源を浪費するとともに、
大量のゴミ、焼却によるダイオキシンの発生や廃棄物の不法投棄

地球温暖化の問題など様々な環境問題など
このままでは持続かのな発展は望めなくなっています。

 21世紀、私たちはライフスタイルや経済活動を急速に見直し

天然資源が抑制され、環境への負担が軽減される

「循環型社会」を構築する必要に迫られています。


 一般的な新築住宅の外壁では、
現地にて外壁材を切断し貼り付けるため、
作業時に出る騒音、粉塵端材が問題になっています。
特に粉塵は、人が吸い込むと大変有毒なのにもかかわらず、従来の工事現場において

「発生して仕方ないもの」
として長年放置されてきていました。
 せっかくのマイホーム建築が、近隣の洗濯物汚染などの犠牲の上に成り立ってしまう現実。
本当にこのままでいいのでしょうか。


現場を綺麗にしたい。
真の環境貢献を

 現在新築住宅における外壁材は、
強度、美観、防水、メンテナンス性に優れている
業系サイディングの使用が全体の7割を占めています。
「サイディングプレカット」を導入すれば
企業価値観を高める環境貢献が可能となるのです。


① 採寸

CAD入力のための採寸を行います

② データ入力

採寸したデータを、弊社でCAD入力をしてCAMデータに変換します

③ カット

CADデータに沿って材をカットします

採寸、CAD入力をへて現場の建物に収まる用長さカット、電気配線、パイプの穴あけを機械が行います

④ 同質出隅の制作

一つ一つ丁寧に作り上げているので、高品質
自社で作成するから規格外の変則寸法にも対応

出隅・端材の販売

⑤ 梱包

現場で貼りやすいように順番に並べて梱包します

⑥ 運搬

梱包したのち、現場まで安全に運搬します
4t・・・2台
3t半・・・1台
2tダンプ・・・1台

⑦ 施工

あとは貼り付けるだけなので、天候による現場の遅れが少なくなります