2×4とは 2x4

2×4工法とは

サイズが約2インチ(約3.8cm)×約4インチ(約8.9cm)などの木材を組んで枠組(面)を作り、その枠組(面)を利用し床や壁等を構成していく工法です。

枠組(面)で形成される六面体構造(部屋空間)は、地震の力を家全体に分散させ、建物の変形や崩壊を防ぐことができます。

日本家屋の代表的な工法である「木造軸組工法(在来工法)」は職人の技術力によって仕上がりが大きく変わってきますが、2×4工法は枠組壁工法住宅工事仕様書などでマニュアル化されているため、個体差が生まれにくいことも特徴の1つです。

2×4工法のメリット

耐震性・耐風性が高い

従来の在来工法の場合筋交いに力が集中しやすいのですが、床・壁・屋根が一体となったモノコック構造のツーバイフォー住宅は、面全体で力を分散することができます。そのため、地震や台風などの外的要因に対して耐震性や耐風性が高いと言われています。

東日本大震災や阪神・淡路大震災などの大きな地震でも、2×4工法の住宅はいずれも地震被害が少なく、高い耐震性が立証されました。


高気密・高断熱・防音

面と面を合わせて箱型(モノコック構造)に組み上げるので、枠組材の間に空気層ができます。断熱材は空気層に挿入するので断熱材を隙間なく入れることができます。
また在来軸組工法と比較して筋交いが必要ないので隙間が少なく、気密性だけでなく防音性にも優れています。

耐火性が優れている

従来木は火に弱いと思われていますが、2×4工法の家は耐火性にも優れています。
2×4工法ので使用される木材のように、断面が大きければ大きいほど、燃えると表層部が炭化して、延焼の進行が止まります。よって、中心部は燃え残って強度を保つことが可能です。
また、ファイヤーストップ構造を用いることで、空気の流れを遮断し、上階へ火が燃え広がるのをくい止めることも可能です。

人件費の削減が可能

2×4工法は、構造材や釘・金物のサイズや使用方法などの施工手順が細かく規定されています。よって、現場作業員の施工者の技量に左右され難く、均一な品質と性能が実現可能です。
また、建設工房永田ではパネルやパーツを予め工場で作成し、現地作業を更に軽減することも可能で、少人数での施工が可能です。

建設工房永田の2×4工法

自社工場の強み

自社工場にて2×4の木材など使用したパネルや各パーツを製作しているので、家づくりの提案から用途に合わせたパネル造りをスピーディーに行うことが出来ます。
また家づくりの提案・パネル製作・運搬・建て方までを自社グループ一環で行っている為コストダウン出来ます。

25年の実績

自社工場設立から25年間ありますので、熟練したスタッフが管理を行い製作をしておりますので、ご安心頂き全てお任せ下さい。

2×4工法の施工事例

施主様のご要望を聞き取り実現に向けて最大限対応させて頂きました。

福山市K様邸
福山市S様邸

2×4工法の建築工程

1,お見積り

現場での作業を少しでも軽減出来るように工場にて1つ1つの素材をパーツ化しておきます。

2,正式受注

現地に運送します。建設工房永田は運搬作業も一貫して行っており、コストを削減して搬送が可能です。

3,打ち合わせ

お客様のご要望に応じて2〜3回程度打ち合わせを行います。

4,図面作成

お客様ひとりひとりに合わせた図面を製作します。

5,図面に合わせて製作

現場での作業を少しでも軽減出来るように自社工場にて1つ1つの素材をパーツ化しておきます。

6,製品を現地へ運送

自社配送部門により建て方予定に合わせて現場に配送しますのでコストダウンに繋がります。